FC2ブログ

寝取られ人妻系コンテンツ情報

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生協の配達員に寝取られていた妻

福岡県警粕屋署は2日、妻の不倫相手を蹴ってけがをさせるなどしたとして福岡県○○町△3丁目、会社員吉○○○容疑者(38)を傷害や器物損壊などの疑いで逮捕し、発表した。

 署によると、吉○容疑者は7月26日午後8時ごろ、30歳代前半の妻の不倫相手で生協職員の男性(30)=粕屋町=をゴルフ練習場の駐車場に呼び出し、「100万円払うか、ここでお前の携帯電話を壊すか選べ」とすごみ、金づちで男性の携帯電話をたたき壊した上、男性の右足を数回蹴ってけがをさせるなどした疑いがある。吉○容疑者は容疑を認めているという。

 男性は生協の配達員で、吉○容疑者の自宅も担当。配達を通じて吉○容疑者の妻と知り合い、不倫関係になったという。

http://www.asahi.com/articles/ASJ827X06J82TIPE03Q.html

自分が外で働いてる中、生協の配達員が自分の妻を寝取ってたなんて気が狂いそうになりますね。
妻を寝取った相手の足を蹴ったら自分が逮捕されるって・・・。

スポンサーサイト
[PR]

W不倫の末、他人の子を妊娠した妻

ファンキーモンキーベイビーズ(ファンモン)のリーダーとして4年連続で紅白に出場し、グループ解散後はソロで活躍しているファンキー加藤。

 そんな加藤は'13年にファンモンのマネージャーと結婚し、'15年2月には長男が誕生したばかり。しかし今回、『週刊女性』の取材では加藤が'14年末に知り合ったというアンタッチャブル柴田英嗣の妻・Aさん(当時)とW不倫をしていたことがわかった。

 それが原因となって、柴田はAさんと'15年5月に離婚。その4か月後にあたる'15年9月にはAさんの妊娠が発覚した。この6月中に産まれるという新しい生命は、柴田とのではなく、加藤とのあいだにできた子どもだったのである。

 6月初旬のとある夜、仕事が終わって車で帰路につく柴田に現在の心境を聞いた。

 話しかけると、戸惑いながらも応対する。

「あ、ちょっと待ってください。今、車止めるので……」

 テレビに映る姿とは違い、神妙な様子だ。

――奥さまのAさんとはすでに離婚されていると聞きましたが、事実ですか?

「はい。もろもろありまして……。でも、子どもがいるから、別に世間さまに言うことでもないかなぁって思って言わなかったんですけどね」

――離婚の原因は?

「奥さんが、もう……ちゃんと先方さんとお付き合いしたい、という形で。……妻からそういうことを言われてって感じですね」

 こちらが事情を知っていることを察したようだが、慎重な言葉遣いで直接的な表現を避けた。言ってみれば“被害者”の立場だが、怒りや悲しみといった感情は見せない。

「まぁ持っていかれたって感じになっちゃうけど……(苦笑)。そういうふうに書いてほしくないというか。まぁ、俺は奥さんをかばいたいから。奥さん的には実際にホントに、好きな人ができてしまったから、離れましょう、というけじめだったので。もう、それはふたりの話だから……」

 月日がたち、気持ちの整理がついたのかもしれない。バラエティー番組でうんちくを披露するときのように、客観的な目線で話す。そうすることで、自分の感情があふれ出てしまわないようにしているのだろうか。

――Aさんは今、ファンキー加藤さんとのお子さんを妊娠されてますよね?

「はい」

 加藤の名を出すと、返ってきたのは短い返事だけだった。事実を受け止め、余計な感情や感想は口に出さない。

――出産にお立ち会いになる予定はありますか?

「立ち会いはない……とは思うけど、でも生まれたら身体が心配だし、奥さんの。まぁ見に行くかな。興味本位みたいになっちゃうけど(苦笑)」

 Aさんのことを“奥さん”と呼んだ。籍は抜けたものの、長年連れ添ったパートナーであることには変わりはない。

――加藤さんとは、ご友人関係だったと思いますが、いまのお気持ちは?

「それは人の恋愛ですから……、ふたりが決めたことでしょうし、まぁ自分が口を挟むことではないな……と」

 最後まで、感情を高ぶらせることなくクールさを保つ。取材を終えたとき、柴田は気遣わしげに言葉を発した。

「これってどんな感じの記事になるんですかね? 単純に、奥さんと離婚した。理由としてそれ(Aさんと加藤の浮気)だってことで、奥さんはちゃんとした区切りをつけようとしたってことだけ、ちゃんと書いていただければありがたいですね。子どももあることだから、そこだけかばいたいので……」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160607-00027995-jprime-ent

---------------------------------------------------------------------------
子供もいる主婦がW不倫の末に離婚して、不倫相手の男の子を妊娠して出産するって。。。
不倫相手の男にも家庭があるって。。。



勤務先の上司に妻を寝取られた男の復讐

13日午前7時55分ごろ、東京都港区虎ノ門のビル4階にある弁護士事務所で、弁護士の男性(42)が暴行され倒れていると消防から警視庁赤坂署に通報があった。
 同署員が駆け付けたところ、男性が倒れており、病院に運ばれたが重傷。同署は、現場にいた男を傷害容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、男は東京都中野区上高田の大学院生小番一騎容疑者(24)。逮捕容疑は、同日午前7時40分ごろ、男性の顔を数回殴打し、意識がもうろうとなったところで下腹部を枝切りばさみ(刃渡り約6センチ)で切断した疑い。「間違いない」と容疑を認めているという。
 小番容疑者と男性に面識はなかった。同容疑者の20代の妻がこの弁護士事務所に勤務しており、同容疑者は妻とともに事務所を訪れ、男性と面会していた。同署は、妻をめぐり同容疑者と男性の間で何らかのトラブルがあったとみて動機を調べている。 


------------------------------
恐いですね。。。
でも、20代の妻がこの弁護士事務所に勤務しており、容疑者は妻とともに事務所を訪れたって・・・。
なんだか背徳感感じます。

年下の男に、家庭以外の自分を見出された人妻の悩み

はじめまして。私には結婚して5年の夫との間に、子どもが2人います。最近友人と飲みに行った時、隣にいた男のグループに声をかけられ、その中の一人に連絡先を聞かれて交換しました。年下のかわいいタイプで、アプローチされていく間に私も年下の彼に惹かれていきました。

彼には彼女がいます。それは彼も話してくれました。私には夫がいますが、彼をもっと知りたくなってしまい、連絡して体の関係を持ってしまいました。彼は、「また会いたいから連絡をとっている」「好き」と言ってくれますが、私も家庭は大事です。しかし、理解されないかもしれませんが、彼は私の中で大きくなっています。

彼も彼で、彼女のことは大切だと思います。だから都合のいい女でいいと思っていました。でも、やっぱり好きだから、連絡しても返信がなかったりすると彼女といるのではと、悲しいです。嫉妬とかしてしまうのはルールに反していますかね?

彼の、「彼女がいて私も好き」という心理についてもアドバイスいただきたいです。 私もですが、彼も新鮮な気持ちと言っていました。やはり、人妻だから都合が良いのかなとか考えてしまいます。

●A.彼との関係に陰りが見えたのはいい機会。現実の問題としっかり向き合ってください。

こんにちは。みわあやのです。

本当に大切な人と真剣に向き合うのって、労力がいります。違う価値観同士をすり合わせて、より良い環境をつくっていく、理性的な作業ですからね。それに比べて、責任の伴わない相手と本能のままに快楽を追求するのは、楽しいだけです。

相談者さんが考えている、「人妻だから都合がいいのかな」というのは、彼にとって、それこそが答えなのだと思います。

もしかして、相談者さん自身も彼との関係に悩んでいるように見え、実は、現実逃避しているだけではありませんか?

●遊びのはずなのに、どうして理性が効かなくなったのか

人間は進化の過程で理性を司る前頭葉が発達した、社会的な生き物のはず。でも、恋愛となれば「本能のままに」とか「理性が働かないのが恋よ」みたいに、急に『本能原理主義』になりがちなのが不思議ですよね。

心理学的に考えると、ちょっとその謎がわかる気がします。

恋愛って、お互いを認め合って、求め合うものですよね。これが私たちの深層心理にある、「認められたい・愛されたい」という『承認欲求』を満たしてくれます。劣等感の強い人ほど、この欲求は強固になるので、自分の存在価値を求めて恋愛にのめりこみがちになります。

要するに、「自分で自分の価値がわかっていないから、誰かに認めてほしい」んですね。これが「思いの強さ」の原因。そして、遊びのつもりだった彼に嫉妬心を抱いてしまった、という悩みの本質なのではないでしょうか。

自分の居場所、存在価値をはっきり自覚できる人間関係を築き、守って自信をつけていくことで、理性も育つんだと思います。

●不倫する人が幸せになれない理由

これまで、妻として親としての苦労とか、努力って、少なからずあったと思います。

その、今までの自分の頑張りを全部無駄にして、一番大切な人からの信頼をごっそり失うのが不倫ですよね。それは理解しておられると思います。

一番大切な人とは、子どもかもしれないし、自分の親かもしれない。あるいは、まさかの旦那さまだったりして。でも、もう一人すっごく大切な人がいるのを忘れないでください。

それは、あなた自身。

家族には上手く隠せても、自分のしたことは自分だけには隠せない。どんなに開き直っても、「家族を裏切った」という事実は自分の中に残り続けます。

それでどうなるかというと、「自分は裏切り者だ」「自分は家族に愛される資格などない」という傷が、心の深い部分にできます。

そうすると今度は、「私は家族に愛されていない」「家族もいつか私を裏切るかも」と不安に。疑心暗鬼になって、今まで与えられてきたものや相手の思いやりに気付けなくなるのですから、幸せは遠ざかるばかりです。

心理学では有名な、『投影』という心の働きの一つですが、ひとは常に「自分フィルター」を通してしか、物事を見られないのです。

彼との関係に陰りが見えてきた今がいい機会です。関係を清算して、現実問題である「家族との関係」に、しっかり向き合われてはいかがでしょうか。


http://news.ameba.jp/20140701-691/

元彼とのセックスをする母に悲壮感がない訳

恋心に再び火がついた、セックス中の言葉

2人の関係は、同窓会後に再会してからすぐに始まった。チェーン店の居酒屋で食事をして軽く飲んでから、カフェへ。お酒があまり強くない美加子さんへの配慮だったようだ。

「彼、『本当は酔わせてホテルへ連れ込むつもりだったんだけど』って、俯きながら呟いて……」

 その時の美佳子さんも、「実は、私もそのつもりでした」と言う。けれど彼は、決して美加子さんに酒を勧めて“その場限り”にしたいわけではなかった。その誠実さが、彼女の心を強く打った。

「だって私とセックスするなんて、彼にとっては何のメリットもないですよ。当時は35歳でしたから、頑張れば20代の女の子も捕まえられるし、結婚だってできるのに。なんで私なの? って思ってしまいました」

 手探りで交わった10代の頃とは違い、30代になった美佳子さんと彼のセックスは、まるで当時の答え合わせのようだったそうだ。

「ラブホテルの真っ白なシーツの上で抱き合いました。当たり前ですけど、彼とのセックスは10代の時に彼の部屋でしたものとは全然違っていて……抱かれながら、ふつふつと嫉妬心がこみ上げてきました。彼をここまで上手にした女性ってどんな人たちだろう? って。そして、彼が愛撫する合間に『布団の中に潜らなくていいの?』って言った時に、私の恋心に火が点きましたね。」

 彼との逢瀬は、月に2回。彼が丸1日フリーになる日に合わせて、ピラティスの講師の予定を入れて、午前中だけレッスンをし、夕食前まで彼との時間を楽しむのだ。

「付き合い初めの頃は、すぐにラブホテルへ直行でした。でも最近では、お互いにそれほどでもなくなって……カラオケとか、映画だけで1日終えることもほとんどです。先週なんて、平日の昼間に遊園地へ行っちゃいました。アラフォーカップル2人で、バカみたいでしょう?」

 そう微笑む美佳子さんの表情は、やっぱり少女のように晴れ晴れとしている。そんな彼女に、2人の関係性をあらためて聞いてみた。

「私たちの関係性を言うなら、やっぱり『婚外恋愛』だと思います。だって、婚外で恋愛してますから。主人とも、時々セックスはしますよ。でもそれはあくまでも『契約上』のセックスですから。彼もそれは理解していると思いますし、逆に言うと、今さら主人と映画やカラオケデートしたいなんて思わないですしね」

 と、あっけらかんと答える美佳子さん。ここまで堂々と「恋愛」と公言するならば、「ご主人と別れて彼と結婚する」という選択肢があってもおかしくないが、美佳子さんは首を振る。

「今の生活を変えたくない、というのが一番の理由ですね。主人は1,000万円以上の収入がありますから、私もヨガ教室なんて趣味に毛が生えたことができるし、彼とデートをすることもできる。彼も今、自分の会社を大きくしようと思っている矢先ですから、仕事が第一。体の関係になると、すぐ結婚をちらつかせる女より、私のような刹那な関係の女は都合が良いんじゃないですか」

 どうして美佳子さんには、婚外恋愛をする女の暗さがないのか。それは、今以上の関係をまったく求めていないからではないだろうか。彼女は、まるで高校生のカップルが、純粋にお互いを愛する気持ちと同じくらい、「好き」という気持ちの先に何も求めていないのだ。

 彼との再会がきっかけとなり、結婚した今になって、青春時代の恋愛を再び楽しんでいる美佳子さん。彼女の笑顔を見ていると、夫との契約上のセックスで満足する生き方と、10代の頃のように平日の昼間に手をつないで不倫デートをする生き方、果たしてどちらが幸せなのだろうと考えこんでしまった。



http://www.cyzowoman.com/2014/07/post_12745.html
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
訪問者様

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。